コラム

- column -

「オール電化」はお得!?メリットとデメリットを比較

最近は、家庭内のエネルギーをすべて「電気」でまかなう
「オール電化住宅」にも注目が集まっています。
人気の理由の一つは、ランニングコストの低いことです。
オール電化の場合、多くの家では、料金体系がお得な深夜電力を利用したプランを選びます。

深夜電力は電気料金が安いものの、昼間は割高となりますので
昼間に多くの電力を使うご家庭では、必ずしもお得とは限らない点に注意が必要です。

このように、オール電化には、経済性以外にもメリットが多くありますし
オール電化ならではのデメリットも存在するのは確かです。
下記に、オール電化のメリットとデメリットをまとめました。
ライフスタイルやコストをよく考えて、導入したいところですね。

【オール電化のメリット】
・ガス代が無くなり、ランニングコストが安くなるケースが多い。
・IHクッキングヒーターは掃除や手入れが簡単。
・火を使わないので、火事のリスクが少なく、高齢者や子どもにも安全。
・燃焼がないため、一酸化炭素などを排出せず空気が汚れにくい。
・火災保険や住宅ローンで優遇があったり、各機器にも自治体から補助金が出る場合もあります。

【オール電化のデメリット】
・IHクッキングヒーターは、土鍋を使う料理や焦げ目をつける料理には使えない。
・エコキュートのタンクを置く場所が、家の外回りに確保する必要がある。
・停電すると、蓄電機能のある機器以外は使えなくなる。
・機器が全体邸に割高。
・オール電化契約の料金プランでは、昼間が割高となる。


「株式会社まるみハウス」は、お客様の想いをカタチにするお手伝いをしています。
ご相談はお気軽にどうぞ!
こちらからお待ちしております。