コラム

- column -

外壁を板張りにしたいとき~必要な性能と条件~

外壁を板張りにすると、オリジナルの意匠性にきっと目を引くことでしょう。
しかし、外壁に木材を使用する場合、すべてのケースで施工可能なわけではありません。
建築場所や大きさによっては木材の使用が制限されるときがありますので注意しなければなりません。


まず、ひとつ目には、防火地域もしくは準防火地域であるケースです。
都市計画法で定められている防火地域、準防火地域内において
木材を使用するには、不燃もしくは準不燃材料を使用するか
木材表面が燃えても構造上支障のない、いわゆる「燃えしろ設計」などの措置をとることが必要となります。


次に、建築基準法の第22条に定められた「22条区域」と呼ばれる区域についてです。
この区域は、火災による延焼を防ぐため屋根や外壁に燃えにくい素材としなければいけないとされています。

※22条区域の延焼の恐れのある部分
「1階で隣地境界線または道路中心線から3m以内、2階部分は5m以内」と定められています。

しかし延焼の恐れのある部分(※)に当たらなければ、木材の使用に使用制限はありません。


注文住宅・マンションなどの新築・リフォームなら横浜の「株式会社 まるみハウス」にお任せください。
お客様目線に立った丁寧なカウンセリングを行い、最適なサービスをご提供することをいつも心がけておりますので、住宅のことをお考えの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから