コラム

- column -

構造材としての無垢材~環境負荷を減らすといった利点も~

柱や梁など、家の骨組みとして使用される木材は
大きく「無垢材」と「集成材」に分類され、国産のものと外国産のものでも違いがあります。


【国産無垢材】
ひのき、スギ、ヒバ、クリなど


【外国産の無垢材】
米松、米栂、米ヒバ、ホワイトウッドなど


【外国産による集成材】
米杉、米栂、スプルース、ホワイトウッドなど


【国産による集成材】
スギ、ヒノキ、カラマツなど


【その他】
異樹種集成材(ハイブリッド集成材)

構造用集成材は、原則として同じ樹種のラミナ(※)で構成されています。
※ラミナ・・・集成材を構成する挽き板あるいは小角材のピースのこと。


近年では異なる樹種を組み合わせた集成材の開発も盛んにおこなわれていて
外層部には「曲げ」の応力負担に強い米松を、内層部には国産のスギを使用したものが
代表的なものとなっています。

無垢材では、乾燥が不均一で寸法に狂いが生じたり、品質保証が不十分なことがあり
精度の高い集成材が、一般的に広く使用されています。


しかし、環境への負荷を考えると、国産無垢材をいかに活用するのかは非常に大切な課題です。
外国産の木材は、輸送で多くの二酸化炭素を排出したり
集成材は生産時に多くのエネルギーを消費するからで
低炭素社会を目指す、昨今の社会状況の流れを考えたときには
今一度、国産無垢材の活用方法を考えるときなのかもしれません。


注文住宅・マンションなどの新築・リフォームなら横浜の「株式会社 まるみハウス」にお任せください。
お客様目線に立った丁寧なカウンセリングを行い、最適なサービスをご提供することをいつも心がけておりますので、住宅のことをお考えの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから